7. リソースの削除

この章のゴール

この章では今回のワークショップで作成したリソースの削除を行います。リソースの削除を行わないと、利用料がかかりますのでご注意ください。

サンプルプログラムの停止

Cloud9のターミナルで実行しているサンプルのプログラムをControl + Cで止めます

AWS IoTのリソース削除

AWS IoT Coreのマネージメントコンソールに移動します。

Device Defenderの設定削除

  • 左側のメニューから、Defend > Audit > Schedules > AWSIoTDeviceDefenderDailyAuditと開、画面右上のActionsの中のDeleteをクリックして削除します
  • 左側のメニューから、Defend > Detect > Security profiles > Things_thingsを開き、画面右上のActionsの中のDeleteをクリックして削除します
  • 左側のメニューから、Defend > Settingsを開き、画面右上のTurn off Auditをクリックします
  • 左側のメニューから、Defend > Settingsを開き、SNS AlertsのEditをクリックし、disableに変更して、Updateをクリックします

Jobの設定削除

  • 左側のメニューから、Manage > Jobsを開き、ExampleJob01の右側の...をクリックして、Deleteをクリックし、開いた画面のFORCE DELETEを開き、Job名を入力して Yes, delete this job をクリックします。

Thing関連の削除

  • Groupの削除
    • 左側のメニューから、Manage > Thing groups > Quarantine_Dynamicを開き、画面右上のActionsの中のDeleteをクリックして削除します
    • 左側のメニューから、Manage > Thing groups > Quarantine_Staticを開き、画面右上のActionsの中のDeleteをクリックして削除します
  • Policyの削除
    • 左側のメニューから、Manage > Things > ThingOneを開き、詳細画面の左のメニューから、Securiy > 証明書を開きます
    • さらに、証明書の詳細画面の左側のメニューから、Policies > ThingOne-Policyを開き、詳細画面の左のメニューから、Versionsを開き、UsageがActive以外のバージョンの右にある...の中にあるDeleteをクリックしてバージョンを削除します。最後にPolicyの画面右上のActionsの中のDeleteをクリックして削除します
  • 証明書の削除
    • 左側のメニューから、Manage > Things > ThingOneを開き、詳細画面の左のメニューから、Securiy > 証明書を開きます。証明書の詳細画面の画面右上のActionsの中のDeleteをクリックして削除します
  • Thingの削除
    • 左側のメニューから、Manage > Things > ThingOneを開き、画面右上のActionsの中のDeleteをクリックして削除します

ログの設定変更

  • 左側のメニューから、Settignsを開き、LogsのセクションにあるEditでログの設定画面を開きます
  • ログレベルのドロップダウンでDisable loggingを選び、ログを無効にします

Fleet Indexingの無効化

  • 左側のメニューから、Settignsを開き、Fleet indexing settingsのEnabledでOffを選択し、下にあるUpdate search settingsをクリックして、無効にします。

S3のバケット削除

  • S3のマネージメントコンソールに移動します。
  • 左側のメニューから、Topicsを開き、IoTDDNotificationを削除します

SNSのトピックを削除

  • SNSのマネージメントコンソールに移動します。
  • 作成したバケットを削除します

Cloud9のリソース削除

  • Cloud9のマネージメントコンソールに移動します。
  • 今回作成したEnvironmentを選択状態にして、Deleteをクリックし、確認のBoxにDeleteと入力し、Deleteボタンをクリックして、削除します

Roleの削除

  • AWSマネージメントコンソールを開き、サービスの検索画面でiamと入力して、Identity and Access Managementのコンソールを開きます
  • 左側にある、Access Management > Roleを開きます
  • AWSIoTDeviceDefenderAuditを削除します

以上で、ワークショップの後片付けは終了です。